Barcaroad

バイク・ピアノ・ドームハウス・子育て ぼちぼちやってます(´▽`)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

三角パネル組み上げ 第8回 そして伝説へ 


運命の朝を迎えました。

今日はヘルパー&クレーン車が来るという事で朝から緊張しております。

希望としては今日中に組み上げてしまいたい・・・けど、残りの三角は26枚もあります。

単純計算で1枚上げるのに10分かかるとすると、全部で260分。

時間にして4時間20分。

なんだ楽勝じゃん☆




と思ってしまうのが素人の甘さ。

これに「素人3倍の法則(素人は自分が予想した時間よりも大体3倍位時間がかかってしまうという自説。過去日記参照)」を当てはめると、あら不思議、労基署もびっくりの13時間労働となってしまいます。

とはいえ、この三角組み上げも既に8回目なのでもう少し早くできるとは思うのですが・・・



P4300118.jpg

本日の主役、クレーン車です。移動式なので自走で現場までこられました。

クレーンを操作するのは運転手の方で、三角を下ろす位置についてはトランシーバーを使って自分が指示を出します。

その指示の仕方を軽く教えてもらったのですが、左右の移動については旋回するのでいいのですが、前後の移動についてはアームを起こす、もしくは寝かせることで調整するとのこと。

てっきりアームの伸び縮みで調整するのかと思ってましたが違うようです。これが業界の慣習なのか運転手さんのマイルールなのかはわかりません。



003_20110522191127.jpg

試しに上の写真で説明してみると、このまま三角を高く吊るした後に右に旋回していくと多分ドームの中央位に三角がきて、例えばそこから写真で言うところのドームの一番左側に三角を載せたい場合、アームを寝かしてもらうという指示になるわけです。

で、いい位置にきたらアームとは別に三角を吊っているロープも動くので、それを下げてもらって中にいる人間がキャッチする。という流れになります。






P4300115.jpg

近くの病院の5階から。

この写真は本日のヘルパーのおひとり、しまむさんの大学時代のラグビー部の友人のカズヤさんが撮ってくれました。

もうお一方は同ラグビー部のムラタさんです。ファミリーで応援に来てくれました。

お二人ともさすがラガーマンといったところで、自分より身長もパワーもあるのでとても頼もしい助っ人です。

特にここのところ重労働続きで心身共に疲労している我々にとっては、フレッシュな状態の人がいてくれるだけでホントに心強いです。

ということで今日の体制は、やぐらの上で自分と助っ人のお二人、地上で三角をクレーンにセットしたりやぐらを移動したりする役をしまむさんとしまむさんのご両親とめぐさんのお父さん、ムラタさんご家族が応援&お手伝いという配置で臨みました。


P4300124.jpg

とりあえず三段目の高さを外から見るとこんな感じです。



P4300122.jpg

下から見上げた場合。

やぐらの2階部分に立ち上がっての作業になりますが、これは最初にやぐらを組んだ時には怖くてまともに立てなかった高さです。

ただその時と違って、三角の壁があるおかげで視界が遮られる事と手を掴める場所があるので今はそれほど怖くはありません。

特に手で掴める場所があるのと無いのの差はでかい!グランドキャニオンのスカイウォークも手すりが無かったら絶対無理!(手すりがあっても行きたくないけど)




P4300128.jpg

やぐらの上から無線で三角を誘導しているところ。

P4300130.jpg

今日もいつもほどではないですが風が吹いていて、三角は空中で煽られて振り子のように振れたりぐるぐる回ったりしてました。

クレーンのおじさん曰く「凧みたいだな~こりゃ。危ないから気をつけてな。」

一度、三角が振り子状態になってかなり勢いがついてる時にキャッチしようと掴んだら、そのまま体ごと持っていかれそうになりヒヤッとしました(汗)



P4300119.jpg  P4300126.jpg

地上部隊の様子。



P4300132.jpg

3段目に突入したところで内側から一枚。

フレームと筋交いが描く蜘蛛の巣模様は、栄光への架け橋だ!



P4300134.jpg

ボルト締め中。



P4300139.jpg

お昼過ぎ、プロジェクトマネージャーのゆうだい氏が現場の視察にいらっしゃいました(笑)



P4300140.jpg

恐れ多くも飲み物を差し入れて下さいました(笑) ありがとうございます。



P4300145.jpg

昼食は店屋物。

どんう ばーそー どんつか。



腹ごしらえも済んで午後もどんどん三角載せていきます。

2時間位夢中で作業していたのでこの間は写真無し。

3段目にもなると三角の組み合わせがすんなり収まるところとなかなか収まらないところの差が顕著になってきました。

特に玄関入って右斜め前方の辺りが手間取りがちです。

収まりの悪いところは周辺のボルトを緩めて頂点を外側に押し出したり叩き込んだりしながら力技でねじ込んでいきました。





そして16時を前にして遂に・・・









P4300157.jpg

星が生まれた、感動の星が!!

下からも歓声が上がります。

ドームのこの星はこの瞬間しか観ることができない貴重な星。次の三角を載せたら消えてしまう儚い存在。

写真と心の奥にしっかり焼き付けておきました。



P4300159.jpg

感動もそのままに、最頂部の作業の為にやぐらの3段目を増築しました。

そしてだんだんと日が暮れてきました・・・

残すところあと10枚!




そしてこの辺りからいよいよ三角の収まりが厳しくなってきました。

また三角の傾斜がかなり水平に近くなってきた為、支えたり持ち上げたりとかなり肉体に負荷のかかる作業が増えてきました。

この途中まで組み立てている三角達は、ボルトで締めているとはいえ自らの重さのせいでやや内側に向かってすぼまっているものと思われます。

さらに頂点がずれている部分のしわ寄せがどんどん重なり、本来入るべき三角のスペースが小さくなってしまっています。

そのせいで三角を下ろした時にどこかの辺が入らないという事態が発生してしまいます。

三角にはあらかじめ合わさる辺同士の長さを測って穴を開けてあるので、三角が正規の位置に収まらないとボルトが通せません。

とりあえず二人掛りで収めようとする周辺の三角を思いっきり外側に押し出して、残りの一人がボルトを通すという形でやっていきました。

というか、この時間帯から自分の体力も思考力もかなり低下していました。なので実はどうやったのかおぼろげにしか覚えていません。

クレーンの指示も出していたのですがもはや無意識だったのかも・・・



しかし!

貧弱な自分に代わり頼もしい助っ人のアニキ達がバリバリやっていてくれました!

ドームの構造や三角を収めるコツもすぐに掴んでくれていた為、この頃はもうほぼにお任せ状態でした。





009_20110523042726.jpg

残すところあと5枚!

最後の五角形まで辿り着きました!

この時点で19時過ぎ。すっかり暗くなってしまった・・・

でもここまで来たら今日中にやるしかない!



とりあえず最後の五角形の段階で地上で五角形を組んで一気に収める選択肢もあったのですが、収まり精度が微妙なのと吊り下げ方をどうするか考えるのが大変だったため1枚1枚やっていくことに。

しかし、ここからの作業は熾烈を極めました・・・



P4300166.jpg

フルスクワットをかますムラタさん






P4300167.jpg

そしていよいよラスト1枚。

時間は既に20時半を回ろうとしています。



このラスト1枚、どのようにあげるかが難問でした。

いままでは外側のフレームを固定していたのですが、最後の1枚そのまま収まってしまう為外側には固定できません。

内側から上げる方法もあるけど大変そう。

様々な意見が飛び交っていましたが、自分は考える力を失っていたため傍観者と化していました。

最終的にはしまむさんの発案した、三角の一番上の合板を外して外側からロープを通し内側の筋交いに固定して持ち上げるという方法が採用されました。

012_20110523051936.jpg

こんな感じです。

これで三角を載せた後、内側からロープを外して外側に抜くことができます。ちょっとした密室トリックのよう(密室ではありませんが)



P4300161.jpg

最後の1枚は全てのしわ寄せがここに集中するため、これまで以上の強敵になるはず・・・

そのラストバトルを前にし、全員で円陣を組み気合を入れました!



そして最後の三角が吊り上げられ降りてきました。

思っていたより下側の辺がすんなりと収ってくれました。

ひょっとしたら意外といけるかも・・・

淡い期待を抱きつつ左右の三角を押し広げてやるとスッと内側に落ちてきました。

長期戦を覚悟していましたが、まるで観念したかの如く最後の一枚はあっさりと収まってくれました。


「やった!入った!」



その瞬間、ドーム内は歓喜に包まれました!!



遂に三角パネル75枚全てが組み上がりました!夢のようです!!



途中何度

「うまくいくのかな~・・・」

「やらなきゃよかった・・・(泣)」

と思ったことか。

その度に心を奮い立たせては、何とか何とか前に進んできました。

本当に夢のようです。



実際、最後の1枚が余りに収まらなかった場合、三角を少し小さく作り直すことも否定できない状況だったので、無事組み上がって正直、達成感よりも安堵感の方が強いです。


ハァ~~~~~~よかった~~~~~~なんとかできた~~~~~~


と組み上がった天井を見上げながらホッとしました。



その後、みんなと握手を交わし完成の喜びを分かちあいました。

笑顔が弾けていました。





Special Thanks to

 しまむさんご両親

 めぐさんのお父さん

 カズヤさん

 ムラタさんファミリー

 クレーン屋さん

 めぐさん&ゆうだいプロジェクトマネージャー(笑)

 もちろんゆいちゃんもね☆

 あと鹿児島にいるようこさん、あいちゃん、こうせいも。



みなさん夜遅くまで本当にありがとうございました!

この偉業は我々二人だけでは到底成し得なかったと思います。

それだけではなく、この素晴らしく素敵な時間を共有できたことが何よりも嬉しいです。





「為せば成る
為さねば成らぬ
何事も
成らぬは人の
為さぬなりけり」

今更ながら、この有名な格言の意味を身をもって体験することができました。

しかしながらドームハウス作りはこれで終わった訳ではありません。

玄関、窓、屋根、壁、床、内装、電気工事・・・

やらなければならないことはまだ山ほどあります。

どれもこれも自分にとっては未知の世界なのでこれまで同様苦労するとは思いますが上の格言を心に刻みやっていきます。







P5010171.jpg

P5010175.jpg

P5010176.jpg

翌朝カズヤさんが取ってくれたドームの写真。

曇ってるけど自分の目には輝いているようにしか見えない!

眩しすぎるぜ、ドームハウス!!




そして でんせつが はじまった!

関連記事
スポンサーサイト



タグ: ドームハウス  セルフビルド  自作  三角 

三角パネル組み上げ 第7回 


本日は2段目の六角形の下側3枚を3箇所、合計9枚載せました。

006_20110430072924.jpg

真ん中のあいている三角部分には出窓をつけます。全部で3箇所につける予定です。



008_20110430072924.jpg

こちら頂点の写真。非常に綺麗に収まってます。

全てこのくらいの収まりなら最高なんですが、このようにぴったりはまるところもあれば誤差が大きく出てしまうところもありました。




さて、2段目も終わりに近づきましてこれから先の3段目以降の作業を考えたのですが、より高い場所での作業となるのでクレーン車を呼んだほうが楽かと思い、クレーン車屋に見積もりに来てもらいました。

三角の吊り方などを相談してなんとかなりそうだったので、作業を依頼することにしました。

また、明日はしまむさんの友人の方々もヘルプに来てくれるとの事なので、一気に進める予定。

クレーン車屋に何日も来てもらうとさすがに費用がかさんでしまう為、できれば明日中に組み上げてしまいたい!





010_20110430072925.jpg
関連記事



タグ: セルフビルド  ドームハウス 

三角パネル組み上げお休み 


かねてよりおふくろからネットをやりたいとの希望が上がっていたため、誕生日と母の日のお祝いを兼ねて子供一同でパソコンをプレゼントすることになっていました。

今日は天気予報が雨だったため作業は無しとなり時間ができたので、おふくろと妹と共にパソコンを見に行くことに。

長考の末パソコンを購入し、その後晃誠の初節句のお祝いの品を買う為に妹の行きつけの人形屋へ行きました。


節句の品の定番は兜みたいですが、自分が初節句の時にもらったの兜差の人形がまだ実家にあるので改めて見てみるとなかなか凛々しい顔立ちをしており、自分のこれまでの人生において大きな病気や怪我をすることなく過ごせたのもこの人形が守っていてくれたかもしれないと思いどうせならこの人形を晃誠に引き継ごうかと思いましたが、調べてみるとどうやら人形は一人につき一体ということでいわばシャア専用ザクの如く自分専用人形というわけであり、また仮に引き継いだ場合にその後病気や怪我しまくりの人生になったらやだなという後ろ向き的思考もあった為、シャア専用ゲルググの如く晃誠専用の兜差人形を買ってあげることにしました。



というわけでその兜差人形を買いに行ったのですが、いざ店に入ってみると伊達政宗公の鎧兜に目を奪われてしまいました。

クワトロ大尉専用の百式如く派手な色合いのものが多い中、その鎧兜は紺や黒でシックにまとめられており、兜の三日月は無敵超人を髣髴とさせ、その佇まいはさすが伊達男の政宗公、伊達じゃないです。



そんな感じで目を奪われながらも兜差の人形も見てみると、これまた凛々しい奴がいるではありませんか。



カッコイイ鎧兜にするべきか、凛々しい兜差人形にするべきか・・・

散々思い悩んだ挙句、最終的には実績を買って兜差の人形を買うことにしました。

政宗公にはなんのゆかりもありませんし。

兜差人形様におかれましては、末永く我が息子を御見守り下さいますようお願い申し上げる次第であります。



その後実家へ戻りパソコンの設置をしてから帰路に就きました。




※本日の文章は、最近やってみたセンター試験の国語に影響されて小難しく書かれており若干読みにくい部分がありますが、ご了承願います(笑)
関連記事



はなもものはな 


002_20110510003408.jpg

家の前に何やら豪勢な花が咲いてる木がありました。

手入れされているようでもなくちょっと荒れた感じですが、一本の木に赤、白、ピンクと色とりどりで景気がいい。

遠めで見た感じは桜っぽい雰囲気でしたがちょっと違う。



気になったのでゆうだい君のおばあちゃんに伺ったところ、「花桃」という木だそうです。



009_20110426041929.jpg

近づいてよく見てみると、面白いことに真ん中で色が分かれている花びらがありました。



ゴールデンウィーク位まで見頃のようなので機会があればどうぞ。

http://hirugamionsen.jp/about/hanamomo.html
関連記事



Hi-STANDARD 


http://www.oricon.co.jp/news/music/86588/full/


祝・復活!!




『Always in my heart "STAY GOLD"』
関連記事



仕事やら三角やらゴミ捨てやら引っ越しみたいなことまで 


・・・怒涛のような一日でした。




前日の疲労感を引きずりながら、まずは午前中仕事をやっつけました。





001_20110427092635.jpg

午後からは玄関の上の五角形の上の2枚の三角を上げて・・・



002_20110427092635.jpg

15時位から2トントラックをレンタルして倉庫へ。

まずは三角パネルの制作時にでた端材の山を積んで廃棄物処理場へ運びました。



戻ってきて次に倉庫に置いてあったしまむさんのTZのスリックタイヤを処分。

GP250クラスが無くなって以来TZを走らせる機会を失っていましたが、いつか使うかもしれないとっておいた程度の良いスリックが20本程ありました。

ただ使用後3年以上経ってカッチカチになっており、さすがにもう使う気がおきないということで捨てる事に。

以前は筑波にきていたタイヤの買い取り屋に買い取ってもらったりしてたのですが、今はそんな動きをする余力がありません。で、倉庫の向かいにちょうど中古タイヤ屋があって引き取ってもらえるか聞いてみたところ一本100円で引き取るよ~とのこと。

しかもフロントは細いからタダでいいよ~とまで!一本500円位かかるかな~と思ってたのでかなり嬉しい。



タイヤの山がなくなってすっきりし、残りは荷物の入った段ボールとKXが2台・・・

KXをどこに置くかが軽く悩みの種でしたが、結局また部屋に引き込むことにしました。

ハイエースに段ボールを詰め込んで、トラックにKXとバイク系の荷物を積んで2台で自宅へ運搬。

006_20110427092637.jpg


007_20110427092637.jpg

無事引き込めました。



これで今日の作業終了。

はっきり言って今までの中で一番疲れた一日でした。

文章にしてみるとそんなにヘヴィな感じでもない気がしますが、やってる時は一つ一つこなしながら

「端材積んだ~、んじゃゴミ捨て行きますか~」

「はい戻ってきた、そしたらタイヤ捨てて~」

「よし、じゃあダンボール積むか~」

という風にいちいち確認しながら進めていきました。

例えるならば、千本ノックを受けてる時に足がガクガクなってゼェゼェしながらも、「よっしゃ次こぉ~い!」って声だして自分を奮い立たせる、そんな感じです。



まぁ今までの作業と、これからの作業のことを考えると、未だ千本ノックの真っ最中なわけなんですけどね・・・



とにかくこれで一区切りできたわけで、精神的な負担がかなり軽減されます。

ただ、これからの作業はいつまでに何をしなければならないという切迫感が失われてしまうので、だらだらとしてしまわないかが心配です。



002_20110429041716.jpg

空になった倉庫。

茶色いのは埃です。原発事故の後、避難生活をしている間にこれだけ溜まってしまっていました。

この埃、放射性物質の含有率も高かったと思われます。

端材をトラックに詰め込む時も埃が舞いまくっていたりして、

「俺は今、猛烈に被曝しているッ! ・・・かも。」 的な事を考えていました。



倉庫の掃除に関しては、引渡し後に清掃業者が入るので我々でする必要はないとのこと。

当初の予定より長く借りてしまいましたが、この倉庫がなければ三角作りはもっと困難なものになっていたかもしれません。

さらば倉庫よ! 今までありがとう


関連記事



三角パネル組み上げ 第6回 


先日のスーパー銭湯のおかげか、はたまた生ビールのおかげか、結構リフレッシュされた感じの朝を迎えました。

とはいっても全快には至らず、ベストの5割くらいの体力といったところでしょうか。



しまむさんの方はスーパー銭湯の回復効果は薄く、かなり体にきてるようです。

まだ先は長いですが持つのでしょうか・・・





002_20110426041928.jpg

さて本日は2段目のうち五角形の部分を3セット完成させました!

だいぶドームっぽくなってきました。



001_20110426041929.jpg

中に入った印象としても2段目が載り出すと急に三角に囲まれてくる感じがでてきました。

写真だと分かりにくいですが、2段目は内側に向かう傾斜がよりついてくるのでそのように感じるのかもしれません。

真ん中の×印はなんの為につけたのか分かりません。気にしないで頂ければ(笑)



明日中に倉庫の引き払いを完了させなければならないため、ピアノレッスンをキャンセルして夕方から倉庫のゴミ捨てと残りの三角パネルの搬入をしました。

この倉庫の引き払い、精神的にかなりヘヴィな作業で軽くブルー入ってます。

みなさんも家を引越すとなると気力、体力を激しく消耗すると思いますが、我々の場合ドーム作りでただでさえ神経、体力をすり減らしてるのに、プラス同時進行で限りなく引越し作業に近いことをやらなければならない・・・

今日明日の作業量を想像して絶望に近い感情を抱きながら倉庫に向かいました。



着いたらまずはゴミ捨て。

倉庫に保管してある両家の荷物でいらない物を選んでハイエースに入れて市のクリーンセンターへ捨てに行く。



その後、三角パネルの運搬。

残っていた三角パネルは大きい方の三角でこれがまた重い上に運びにくい。

結局全部運び出すのに倉庫と現場を三往復し終わったのは23時過ぎ・・・

おかげで先日回復した分の体力をごっそりもっていかれました(泣)

関連記事



三角パネル組み上げ 第5回 


現場作業に入ってから約10日経ちました。

連日の作業によりそろそろ疲労が溜まってきました。

また、今月末までに倉庫を引き払わなければならないため、早くドームを組み上げて倉庫にある荷物を撤収しなければなりません。

思ったより(ある意味予想通り)作業の進みが遅いので、少々焦ってきました。


そんな心境の中、雨も上がり晴れ間が覗いてる今日は絶好の三角の組み上げ日和。

本日中に1段目を完成させることを目標にしました。




003_20110425084321.jpg
10時半作業開始。1段目残り14枚。

さすがに要領を得てきたのか、スムーズに進む。



009_20110425084402.jpg

途中三角のフレームに鉛筆のメモ書きを発見!

おそらく一番最初に作った三角なのでしょう。

こんなところで再会できて嬉しいぞ!




004_20110425084322.jpg

005_20110425084322.jpg

あっと言う間に玄関の上の残り3枚のところまで進みました。

ここで軽く問題発生。

玄関の内側の部分だけ基礎を下げているのですが、この幅に対してやぐらの幅が小さいため壁に寄せ切れない事が判明。

やぐらの設計段階ではここを全然考慮していなかった。

とりあえずやぐらを斜めに渡して作業できるようにしました。

2段目、3段目と内側に向かって傾斜してくるのでこの先はまぁ何とかなるでしょう。



007_20110425084401.jpg

残り1枚!

しかしこの1枚が結構不安だったりします。

中々の精度で作ってきた三角ではありますが、ここまで組んでくる中で微妙に合わない部分をなんとなく帳尻合わせてきました。

そのしわ寄せがこの最後の1枚にきて、うわっ全然はまらない!!

てな事になったらどうしようという不安です。

三角を組み始めてから徐々にこの不安がつきまといだしました。



この巨大なパズル、1段目からうまくいかなかったら到底完成までは望めません。

前に進んでるはずなのに、ゴールに近づいてる気がしません。

せめてこの1枚、すんなりはまって欲しい・・・

祈るような気持ちで三角をはめてみたところ、意外なほどあっさりとはまってくれました( -.-) =зフウー





013_20110508013011.jpg

というわけで午後3時、ようやく1段目30枚完成!

皆さん、感慨に浸ってます。





019_20110425084403.jpg  020.jpg

一服した後、ドーム内に無造作に置かれてたうちの青大将(ブルーシート)を四人がかりできれいに畳んであげました。




022_20110425084427.jpg

その後、ひいおじいちゃんの軽トラを借りて2段目に使う三角パネルを運搬。



034_20110425084429.jpg

まだ日が暮れる前だったので、疲れた体に鞭打って明日やる予定の2段目の三角を2枚積んでみました。

今日中にやっておけば明日の作業のイメージが掴めますので。

これ結構大事です。



031_20110425084428.jpg

組んだところは綺麗な五角形になりました。

くもの巣の様でもあります。




029_20110425084429.jpg

五角形の上の頂点も恐ろしいほどぴったり合いました。

軽く鳥肌!!





本日は作業も順調に進んで2段目に突入できましたが、疲労感も順調に蓄積されてしまっているため癒しを求めて近所のスーパー銭湯に行ってきました。

ゆったりと湯船に浸かり、風呂から上がった後はもちろん生ビール!

肉体労働後の生ビールの旨いこと旨いこと。





沁みました・・・



関連記事



三角パネル組み上げ 第4回 


本日土曜日は予報通りの雨の為、建築作業は無し。

バリバリ仕事やっつけてました。

途中足場屋さんが見積もりに来たので現場に行ったところ、強風でルーフィングの一部がまたしてもベローンと剥がれていました(泣)

001_20110425084320.jpg



とりあえずタッカーで留めておいたのですが、思ったより接着しないなぁこれ。

屋根を葺くまでの間、こいつの防水力でしばらく時間稼ぎをする予定だったのですがこの様子だとあてにならないかも。



しかしとにかく風が強い!!近年稀に見る強風の年らしいです。

周りの畑がまだ野菜を植えていないせいで砂漠の様な状態になっており、強風が砂を巻き上げて砂嵐になってしまう。

建築中のドーム内にも容赦無く吹き込んでいるので中も砂だらけ。

完成後にはまず砂の大掃除に取り掛からねば。

関連記事



三角パネル組み上げ 第3回 


本日は立ち壁の防水紙貼りを実施。

作業の準備をしていたら近くの病院に来ていた人が面白そうなものを作ってるなと覗きに来てくれました。

昔の雑誌でドームハウスを見たことがあるとのことで、三角パネルや立ち壁の角度が気なるみたいでした。

しかし知らない人が訪ねて来てくれるってのは実にうれしいものですね!



001_20110425084319.jpg  002_20110425084320.jpg

防水紙は1m×50mのロールを三本買ってきて、1段につき1ロール分をぐるっと巻いて貼る。

一番下側の部分をどこまで下げるかで少々悩みましたが、下側に多めにはみ出しておいて不要だったら後で切ればいいやと思いそのように施工しました。

防水紙はペラペラの紙を想像してたのですが、実際は不織布のような素材と紙を貼り合わせたようなもので見た目より強度がありました。



ちなみに「不織布」の読み方、知ってます?

自分も3年位前までは知りませんでした。

これを声に出して読む機会がなかったので特に調べたりはしてなかったのです。
しかしある日急に気になって調べたところ、「ふしょくふ」という読み方だとわかりました。


・・・特にオチはありません(^^;)




翌日の天気が雨予報だったので、夜10時くらいまでかかって逆三角の部分にルーフィングを貼りました。
関連記事



三角パネル組み上げ 第2回 


先日貼っておいたルーフィングがべローンと剥がれてました!

002_20110422032737.jpg

まさにベローン。

ベローンという形容詞がこれほど似合う場面も他にあるまい(笑)



003_20110422032738.jpg

どうやら気温が低いと粘着性が弱まるらしいので、家からドライヤーを持ってきて温めてから貼り直しました。




008_20110422032740.jpg

二つ立った三角パネルの間のアップ。ここにに頂点が下向きの三角を置いていきます。



005_20110422032738.jpg

角度や長さがおかしいとこの時点で既に入らない可能性もありましたが、すんなり収まってくれました。


007_20110422032739.jpg

ばんばん載せていきます。



006_20110422032739.jpg  013_20110422032822.jpg

外から見たところこんな感じ。

逆三角のルーフィングはあとでまとめて貼ります。怪しい雰囲気を醸してます。



009_20110422032820.jpg  014_20110422032822.jpg

足場の上から撮った写真。


関連記事



三角パネル組み上げ 第1回 


いよいよ三角パネル組み上げの日がやってまいりました。



001_20110421040111.jpg

先日搬入した三角達。1段目は計30枚。



003_20110421040111.jpg  019_20110421040112.jpg

メインディッシュに入る前に窓回りの造作を少々。

裏側がちょっとしたディスプレイのようになったので電動ドリルを飾ってみました。

窓にははめ殺しのガラスを入れる予定。



004_20110421040112.jpg

組み上げる前に三角にアスファルトルーフィング貼りを実施。

外の足場ができて屋根工事ができるようになるまでしばらく時間がかかりそうなので、とりあえず1段目はあらかじめ貼ってから組み上げることとしました。

今回貼ったルーフィングは裏側が粘着性になっていて少々高いが、防水効果が最強らしいので採用。

屋根材を貼り終えるまでの期間、しっかりと防水に励んで頂きたい。




さぁいよいよ三角パネルの組み上げです!

ここからがいよいよドームハウスの本丸!!

三角の角度や長さのデータ、製作精度など色々な不安要素があります。

が、ネットで情報を収集していて結局「ドームハウス、うまくいきませんでした!テヘッ☆」

って人はいなかったので、おそらくなんとかなるのでしょう(笑)

単に失敗したからアップしていないのかもしれませんが。



もしこのブログの更新が止まったら・・・ その時はお察し下さいm(_ _)m



008_20110421040113.jpg

できたっ!!

燦然と輝く三角様!!

なんと美しいお姿か・・・(泣)





014_20110421040114.jpg

祈りを捧げる男





018.jpg

もう一枚上げて本日の組み上げは終了。


三角を上げる直前にルーフィングを切って貼るという流れで作業をしたが効率が悪かったため、あらかじめ切っておくことにしました。

現場で何枚分かを作って貼った後、夜食を食べてから倉庫に行って1段目の分を全て切断。

疲れた体にムチ打ってヒーコラ言いながら深夜2時まで作業しておりました。






017_20110421040130.jpg

関連記事



立ち壁 第6回 THE BLUE SHEETS 


001_20110420035212.jpg

朝現場に行ってみると昨日張ったブルーシートが風にあおられ大変なことになっていました。



002_20110420035212.jpg

意思を持った獣のようなその姿はまさに「青き魔物」。

バタバタといううめき声をあげながらうごめいてました。

今にも飛び立ちそうだったので、二人がかりでこの化け物を封印すべく戦いを挑みました。


とりあえず壁の内側に入れてしまえば風の力が弱まるので、そっちに何とか引きこもうとして地面に打ちこんでいたアンカーを外した瞬間強めの風が吹いていきなり体ごと持っていかれそうに(汗)


その間しまむさんが内側で格闘中。倒れこみながらも何とかヤツを抑え込む。


自分も内側に回って、壁を越えてきたヤツを引き込んで丸めながらしまむさんの方へ近づいていき、ようやく封印に成功!

さっきまでの凶暴さが嘘のように大人しくなりました。




003_20110420035213.jpg

基礎内に水たまりが(泣)



006_20110420035259.jpg

その後は窓枠の造作を行なったり買い出しに行ったり。

そしていよいよ三角パネルの搬入に着手!



007_20110420035259.jpg

2tトラックをレンタル。

一度に何枚運べるかわからず心配でしたが、縦に積んだら最大で9枚をいっぺんに運べました。

ただ全部で75枚あるのでこれでも9往復必要なんですね~。



今回は1段目に使う30枚の三角を搬入。22時位からいそいそと運び始めましたが、現場の玄関前までトラックをまわしたら雨で地面がぬかるんでてスタックしました・・・

現場は元々畑だったところなので土が軟らかいんです。車で多少踏みしめてはいたんですがやっぱり雨上がりは弱いみたいです。

なんとか脱出するべく駆動輪にベニヤを挟んでみたりしましたが全然ダメ!

他の車で牽引しようかとも思いましたがミイラ取りがミイラになる可能性もあるし、何より昼間の青い魔物との戦いでヘロヘロになっていたのでもう諦めて潔くJAFを呼びました。

30分くらいで現場まで来てくれましたが、JAFカーもスタックするかもしれないから入っていけないとの事。

しかしJAFの人が一緒に車を押してくれて辛うじて脱出に成功!!夜中の1時に歓喜の雄たけびをあげました(近所迷惑)。

その後懲りずに三角の搬入を再開。もちろんさっきスタックしたところまでは入っていきません。

JAFの人ももう一回スタックしても助けに来ないぞ~(笑)って言ってたし。


そして3時過ぎに搬入完了。眠い・・・



【本日の教訓】

困ったら即JAF
関連記事



立ち壁 第5回 


☆昨日こだわりを見せた立ち壁上部の接面。
004_20110419055629.jpg




今日は意気揚々と立ち壁の連結作業をおこないました。

立ち壁同士が接触するフレームはあらかじめビスで位置決めをしており、プラスで釘を打って本留めします。

当初は、釘よりビスの方が圧倒的に強度がありそうというイメージがあったので、立ち壁や三角パネルの連結は全てビス留めでいく予定だったんですが、ある情報筋から得た話しによるとビスは釘に比べて引き抜きには強い、対して釘はせん断性能に優れているとのこと。
またビスは硬めの素材で出来ていて硬いんだけど折れやすい、逆に釘は柔らかめの素材で粘りがあり折れにくいらしいです。

確かに足場を組んだときにねじれた筋交いを矯正しながらビスを打っていたところが、翌日になったらビスの頭が折れて筋交いが外れてた・・・なんてことがありました。
釘はバールで引き抜いた時にグニッって曲がるだけど折れた事はないですね。



それらを踏まえた結果、今回の建築においては釘もビスも両方打ってしまえと。

鉄筋コンクリートのようにお互いのプラスとマイナスを補いあってより優れたカタチになるのだ!(これは夫婦関係にも言えることか?)



そんな訳で釘打ち機を使ってバスバス釘を打っていきました。

その後合板を何枚か張って今日は早めに作業終了。



夜が雨の予報だったので、最後にブルーシートで雨仕舞いをしました。

風でちょっとバタバタしてるけど、まぁ大丈夫でしょう。

007_20110419055630.jpg



夕方ピアノレッスンに行ったら道で古いフェラーリ?を見かけましたた

型式とか全然わからないです(笑)

008_20110419055630.jpg
関連記事



立ち壁 第4回 


本日も晴天に恵まれ気分良く作業開始!

先日に引き続き大人5人での作業です。



昨日の時点で基準となる玄関部分が完成したので、それに合わせて調整を加えながらガンガン壁を立ち上げていきます。

002_20110418012156.jpg

005_20110418012157.jpg

立ち上げて隣の壁との隙間や位置関係を見て必要ならばアンカーボルトの穴位置を調整し、その後構造用合板を基準に直角を出してまた位置を見て・・・という作業が延々と繰り返されました。

調整時に一番気にした部分は壁の上の部分、三角が乗るところです。

この部分が三角の土台になる部分なので、壁同士の高さや合わせ面の角度がずれると上の三角がうまく乗らなくなってしまうので重要な部分だと思われます。



008_20110418012158.jpg

あと2枚まできたところ。

ここまで来ると胸の高鳴りを抑えられません!

早く、早く繋げたい!!



010_20110418012158.jpg

できたー!

立ち壁全部立った!!

感動した!!!

ここまで来るとドーム完成のイメージが湧いてきた!



立ち壁は最後に帳尻を合わせる必要が出て苦労するかな~と思ってましたが、意外にもあっさりと決まってしまいやや拍子抜けした感じです。

こだわった三角の上の部分も狙い通りの仕上がり。

あとは本締めして残りの合板を張ったら立ち壁制作完了!



そのあとはいよいよメインイベントの三角パネル組み・・・

ドキドキとワクワクが止まらない!


関連記事



立ち壁 第3回 


連日の作業によりそろそろ疲れが溜まってきました。




本日はしまむさんのご両親とめぐさんのお父さんがお手伝いに来てくれました。人手が増えると大分楽になります。ありがたいことですm(_ _)m



まずは玄関部分の組み立てから。

この玄関部分を基準として立ち壁を立てていくので厳密に作っていった。



001_20110418012049.jpg

アンカーボルトに合わせて土台に穴を開けて仮組みしてみると、まず左右の壁の平行が出ていない。

玄関の左右にある立ち壁と玄関の壁の接合部分も微妙にずれている・・・

基礎はほぼ図面通りに出来ているがそれでもミリ単位での誤差はあるし、切った木材や気密パッキンにも僅かな誤差があったりするのでしょうがないのかも。

よく見るとアンカーボルトが斜めに生えてるところがあったので、土台のボルト穴を広げては測り、また広げては測りを繰り返してして調整。

左右の兼ね合いがうまくあったところでちょっと本気の仮組みをして水平器をあててみたら見事水平が出てた!


005_20110418012050.jpg

そのまま左右の立ち壁を立ててみる。

で、立ち壁を立てる度に水平器をあててみると、あれ、水平出てる。

嬉しいね~、じゃ次。あれ、また出てる。

じゃあ垂直は?

おぉ~出てるじゃん♪

という感じであっさり進んでしまったんですが、逆にちょっと心配に・・・



「・・・ひょっとしてこの水平器、水平が測れるアイテムじゃなくて、測ると必ず水平が表示されるっていうアイテムなんですかね???」

「・・・なるほど、これを使えば必ず水平が表示されるから仕事の効率が大幅にアップ!!

って意味無いわそんな道具(笑)」

みたいなやりとりが繰り広げられました。



009_20110418012050.jpg

結局今日は玄関&立ち壁2枚を立てて終了。

思ったより各部の調整に時間と手間がかかるな~。

立ち壁作業に入る前は「明日は立ち壁を組んでぶっ立てて、三角2、3枚は乗せられるかな~」とかって言ってたけど、見通しホント甘かったです。

いや細かいこと気にせずアバウトに立てていっても大丈夫なのかもしれないのですが、どっかにしわ寄せがいって最後どうやっても三角がはまらない・・・的な状況に陥る可能性が高そう。

今回のドームは実験棟としての要素も含まれているので、とにかく試行錯誤を繰り返してベストな方法を模索して次に繋げていきます。


って、他にも建てる気かよっ(笑)








<本日のあいちゃん>

012_20110418012051.jpg

現在鹿児島に避難中のあいちゃんは大好きなプリキュアと遊んできたとのこと。

写真を見る限りではとても楽しそう・・・では無い。

まぁこのプリキュアさん達、デカイしどこ見てるか分からないから実際会ったら怖そう(笑)

ムーンライト(左端の人)は単体で見たら誰だか分からなそう。



あいちゃんに電話で「プリキュアどうだった?」って聞いたら楽しいでも嬉しいでもなく、「ハートキャッチだった・・・」と寂しげに呟いてました。


関連記事



立ち壁 第2回 


本日はひたすら立ち壁の枠の組み上げ。

サクッと終わらせるつもりでしたが、神は我々にことごとく試練を与え給われる。



天気はよかったんですが、折からの強風(風速約9m/s)で周囲の畑から舞い上げられた砂によって砂嵐が発生!!





目も開けられないほどの砂嵐により作業効率が低下気味だったので午後には作業用メガネでも買ってくるか~と話してたところ、モトクロスゴーグルの存在を思い出して装着!

砂嵐の中でも自由な視界を確保しました。

結局、一日たっぷり使って立ち壁の枠組みが完了。


ちなみにマスクは今日だけで3枚消費しました。内側にも砂が入ってき両面真っ黒け。鼻かんだもやっぱり真っ黒。

おそらく人生で一番多くの砂を浴びた一日となりました。



004_20110416083945.jpg

関連記事



立ち壁第1回 立ち壁大地に立つ 


本日の作業はまず基礎パッキンのはめ込みから始めました。

基礎パッキンは基礎と土台の間に挟み込むプラスチック?みたいな硬い材質でできていて、土台を直接基礎に触れないようにすることで腐食やシロアリの害から守る物です。

今回使うパッキンは気密性の高い気密パッキンと呼ばれる物です。プラスチックの外側に隙間テープみたいなのがついていて、これで空気を遮断して気密性を高めます。

普通の住宅だと基礎パッキンで床下を通気させて湿気を逃がしたりするんですがドームハウスは中にピアノを置くので、気密性を高めて空調で温度や湿度を調節していく方針です。

006_20110415012417.jpg 007_20110415012417.jpg
008_20110415012418.jpg

アンカーボルトの位置をうまく避けるようにあらかじめ切り出しておきました。

ただ、アンカーボルトによっては図面との誤差が結構あったりしてすんなり収まらない物もありましたが、組み合わせを変えたり短く切ったりしてうまいこと調整しました。



そしていよいよ立ち壁の設置に入ります。

部材は既に切り出して倉庫に保管してあったので、現場に持ってきて組み立て。

立ち壁の高さは2430mm。

これは2430mmの構造用合板をそのまま使えるようにした為であります。



で、幅も2m少々あるのでかなりでかそう!!



組み立ては基礎のコンクリの上で行ったんですが、コンクリが思ったよりデコボコしてたり木材が反ってたりしていたせいで苦労しながら1つ組み上げました。



そしていよいよ立ち壁が立つ時がやってきました!

偉大なる一歩ですよ。ドキドキ。



009_20110415012418.jpg

感動!!!

遂にここまできた!!!

ドームハウスはもう手の届くところまで近づいているッ!!!



三角ばかり作っていたあの頃は本当にこんな日が来るのだろうかと思う時もあったが、今となっては懐かしい。




011_20110415012419.jpg

そのまま勢いにのって立ち壁を4つ立ち上げた。

満足気に眺めていたところ、なにやら平行四辺形に見える立ち壁がある・・・



入念に調べたところ目の錯覚ではなく、ほんとに平行四辺形になっていやがりました。



精度とかあまり気にせず勢いよく作りすぎたのが原因と思われます(泣)



この写真撮ったあと夜の帳に身を包まれながら平行四辺形な壁を一旦外して、合板を張って四角に矯正し今日の作業終了。

明日は引き続き立ち壁の立ち上げだ。


【本日の名言】

「立ち壁はでかかった」

「人類にとっては小さな一歩だが、ひとりの人間にとっては大きな飛躍だ」





関連記事



足場作り 第3回 


足場作り、早くも3日目に突入してしまいました。試行錯誤しながらだと中々進まないです。

本日は9時から作業開始。


003_20110414021237.jpg

写真奥に見える巨大脚立(高さ約4m)を使いながら2段目の筋交いを入れたりしました。

この脚立、アルミ製で軽くて持ち運ぶのはわりと楽でいいんですが(といっても長いので二人がかり)、頂上付近まで上ると普通にグラグラ揺れます。しかも今日は風が強かったので煽られまくり。下で支えてもらわなければ危なくて作業どころではなかったです。

無事筋交いを入れた後は、3段目の枠を地上で制作。これの組み上げはドームの棟上げの進みに合わせる予定。



009_20110414021238.jpg

その後、基礎から突き出してるアンカーボルトに合わせて土台の穴を開ける。

この時点で既に夕方に。



穴開けを終えて一息ついたので、足場の2段目に上ってみることにしました。




011_20110414021238.jpg

階段を上り終えたるとそこは地上4mの世界。

見渡すと夕焼けに包まれた美しい風景が広がって・・・





いるんでしょうけど、そんなの見てる余裕一切なし!

だって現時点では階段を上った先にコンパネが1枚張ってあるだけなんですよ!

手すりとかも一切ないし!!

下を覗くとコンクリートの地面がコンニチワしてます。

吸い込まれそう・・・


012_20110414021239.jpg

013_20110414021239.jpg

014_20110414021240.jpg

016_20110414021314.jpg

017_20110414021315.jpg

な、なんとか立てた・・・








そして、しみじみ思いました。








カイジ、マジスゲー!









019_20110414021315.jpg

最後に、月の御殿 銀閣寺をイメージした一枚を。

関連記事



足場作り 第2回 


今日からはいよいよ本格的に高所作業。

いや~怖いですね。

高所作業を生業とする方達をほんとに尊敬します。


003_20110413023908.jpg

002_20110413023858.jpg



ハタチの時は大磯ロングビーチの10mの飛び込み台から飛べたんだ!取り戻せあの頃の感覚を!!

と、心の中で叫んでみてもダメでした(泣)



008_20110413023908.jpg

へっぴり腰で足元プルプル震わしながら必死に作業して、何とか2段目が形になってきました。

明日は一気に完成まで持っていく!!
関連記事



久しぶりに真面目にピアノレッスン 


建築作業に着手したばかりだけど、本日はピアノのレッスンがあったので作業はせず。

実は先日の作業で微妙に体が疲れてしまったという理由もあったりなかったり・・・

慢性的な運動不足なのでちょっとでも体動かすとすぐ疲れてしまうという情けなさ。モトクロスに勤しんでた去年の夏頃は体力も筋肉も(そこそこ)ついて結構イケてたんですけどね。




今日のピアノレッスンでは久しぶりに真面目にレッスンしました。

ここ数ヶ月、レッスン中話してばかりでまともに練習しておらず「英雄」の譜読みも全く進んでいなかったんですが、6月の発表会の参加が決まってしまったためケツに火がついてようやく練習に取り組むようになりました。




「英雄」の譜読みは中間部のオクターブ連続地獄に入ってますが、まぁ難しいこと難しいこと。

左手は同じパターンを延々繰り返すだけなのですが、これをピアニッシモで、速く、音量を揃えて、正確に弾かねばなりません。

左手だけで弾く分にはそれだけに集中できるのでまだいいんですが、右手のメロディと合わせ出すと途端に破綻してしまいます。とにかく左手が動きを完全にマスターするまでひたすら反復練習あるのみ。

反復反復ゥ!





こちらの演奏はカツァリスさん。笑顔と髪型がステキなお方。腕前も達人クラス。

オクターブ連続地獄は2:54から。左手のテトトトテトトト・・・の部分がインベーダーゲームのあの音とそっくり。

で、よりによってこの部分は2回同じところを繰り返します。

この動画ではその2ターン目に突入する時に笑顔から真剣な表情に変わるところ(3:28位)とか、無事突破した瞬間にすっきりした顔になるあたり(3:57位)にこの部分の壮絶さが漂ってます。弾きながら口元が引きつってるし。

いつか日かこの動画のように左手に残像ができるくらい速く弾けるようになりたいな~。いまのところこの演奏の10分の1くらいのスピードですけど。

しかしこのカツァリスさんの演奏は、見てよし聞いてよしで楽しめますね~。大好きです。


この動画のみどころは
 ・1:04の笑顔

 ・1:18の口角の上がった笑顔(誰かの表情に似てるんだよな~)

 ・1:47の上昇フレーズ(は、速すぎる・・・)

 ・6:22で最後カッコよく決めて笑顔が弾けると思いきや、なぜかしょぼ~んとしてしまうところ(笑)

関連記事



足場作り 第1回 


いよいよ現場での作業開始ということで、まずは建物内側用の足場作りから始めました。

建設予定のドームハウスのサイズは直径が11m、高さは立ち壁が2.4mあってその上の半球状の屋根部分が約5.5mだから合わせて約8m。

建物内は梁とか柱が全くない構造なので、中に入ってみると外から見た印象よりも広く感じることができます。

ただ、建設作業中は逆に全く足場になるような構造物がないので、最大で8mの高さに届くぐらいの足場が必要になるわけです。

今回は2バイ材を使って自作してみることにしました。

ドームは上に行くにしたがって中心に向かって傾斜がついていくので、ただ真っ直ぐな足場だと作業性が悪そうなので三段分の段差をつけるようにします。



002_20110411050049.jpg 003_20110411050050.jpg

朝一からやろうという話をしていたんですが、材料を買いに行ったりなんだりで結局作業開始は11時くらいから。

2×6材を組み合わせて一番下の枠を作成。

足場は正方形にします。

なんせ最終的に8m近くの高さになってその上で作業するわけなので、長方形の足場にしたらひっくり返るかも。

それに長さを測って切ったりするのが手間なので、8フィート(約2.4m)の長さの材をそのまま使って正方形にしました。


005_20110411050051.jpg

柱の高さもそのまま8フィートで。

脚立に上って作業してますが、既に高くて怖いんですけど・・・

申し遅れましたが、ワタクシ高所恐怖症です(泣)

これから先の作業大丈夫なんでしょうか?



006_20110411050052.jpg

縦の枠ができた。

さっぱりしたパルテノン神殿のような佇まい(笑)



008_20110411050052.jpg 010_20110411050053.jpg

正方形の箱の形ができたのでとりあえず階段を作って上り下りを試したところで今日の作業は終了。

当初の予定では、今日中に足場の1段目が完成してさらに土台の設置くらいまでいけちゃうかな~と思ってたんですが、大体3分の1程度しか進みませんでした。

ただ、実はこれには法則があって、素人が今までやったことがない作業をする場合にイメージする作業終了までの時間について、例えば「木を切って組み立てるのに10分くらいかな~」と思ってたら軽く30分かかってしまったりというケースがよく起こります。

これが俗に言う「素人3倍の法則」で、初めてやる作業は要領がつかめないのであーでもないこーでもないとやり方を考えたり、手順を間違えてやり直したりとなんだかんだで予定の3倍くらい時間がかかってしまいがちという法則なのです。

なので今日の作業分も実は予想通りといったところ。

またこの法則の有意性が証明されてしまった・・・



※ちなみに「素人3倍の法則」って名前は適当につけたんで俗には言わないと思います。

単に「俗に言う」って言い回しを使ってみたかっただけ(^^;)
関連記事



いよいよ・・・ 


構想1年、建築確認1年、準備5ヶ月(うち基礎工事3ヶ月(笑) )のドームハウス建築計画が最初の山場を迎えました。

いよいよ棟上作業にかかります。

次の日曜の4/17までに棟上完了が目標!



ここから先の作業は今まで以上に未知の世界なんで不安な部分もありますが、それ以上にワクワクしてる気持ちが大きいです。


まずは安全第一。


そして震災だったり原発だったりの様々な思いが交錯していますが、それを吹き飛ばすくらいの気持ちで楽しんでやっていきます!




明日は基礎パッキンと土台のセッティングをしたり、ローリング足場を作ってみたりする予定。すんなりいくかな~。



関連記事



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。