Barcaroad

バイク・ピアノ・ドームハウス・子育て ぼちぼちやってます(´▽`)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

泣ける・・・VTR250のエンジン全バラ4回目。 そしてカスタム内容をちらりと 




この間のツーリングでまたヘッドガスケット抜けてしまいました・・・(泣)これで通算4回目かな?

そもそもこのVTR、バイク便でさんざん酷使され続け、クーラントが徐々に減っていくという状態になっているにも関わらずその都度水を入れてごまかしながら乗り続け、最後には首都高でオーバーヒートして死亡という可哀想なコ・・・享年30万km。


そんな悲惨な過去を持つこのVTR、さらに可哀想な事に当時仲間内でブームになりつつあった市販車250の耐久レースに出るために、見事白羽の矢が立ち、よりによってレースベース車として第2の人生を歩むハメに。


マシンのコンセプトは「羊の皮を被った山羊」。

とりあえず死亡してたこのエンジンをベースにし、てノーマルVTRの野暮ったいエンジンにおさらばするべく、スパーダやVTZのエンジンからパーツを移植してして純正流用スペシャルエンジンを組んでもらいました。

もちろんミッションも6速に。

足回りもNSRとかからなんか色々流用して完成。


こうして復活したVTRですが一応エンジンがパワーアップしたにも関わらず、冷却関係には一切手を入れられず水温警告灯も死んでいるという、サーキットマシンにも関わらず水温は一切気にしない男前仕様(一応ワコーズのよく冷えるクーラントは入れてもらった)。

サーキットに持ち込んだら。オーバーヒートしてガスケット抜けました。
(レブって黒煙吹いてもお構いなしで走っていた自分のせいという意見あり)。


で、直して次のレース出たらまた抜けた・・・。


その後なんとなくレース参戦が下火になったため、このVTRはレーサーとしての役目を終えてツーリング用のマシンとして第3の人生をスタートすることになりました。
いつもお世話になってるバイク屋さんで修理してもらった後、昔のバイク便仲間とのツーリングを無事にこなしつつ穏やかな余生を過ごしていました。


そして先月、毎年恒例のバーベQツーリングが行われました。

帰り道、なんか調子悪いな~と思いつつ冷却水見てみたらスッカラカンになっておりました。

行きの高速でそこそこいいペースで走ってて、その時にまた水温上がって抜けてしまったっぽい・・・

宇都宮の料金所で止まった時にファンが回ってたからな~。




というわけでで、今回の全バラに至ります。


もう何回もエンジンバラしてもらっておりさすがに申し訳なく思い、遂に水温計を装備することにしました。
とりあえずヤフオクで一番安かったやつ(約2000円)をゲット。


エンジン自体もさすがに限界だということで、お店にあったVTRのケースをベースにさせてもらうことに。
ヘッドも別のものに交換したほうがいいだろうということでヤフオクでスパーダのジャンクエンジンをゲット。

ところがこのジャンクエンジン、ヘッド目当てで買ったのに、肝心のリアバンクのヘッドの燃焼室側にちっさ~いクラックが入っていて使用不能。ヤフオクで初めてハズレ引いてしまいました。

結局このエンジンからは比較的綺麗なヘッドカバーだけを剥ぎ取り、めでたく新エンジンが完成。

今回もいつもお世話になっているバイク屋さんの協力によって無事仕上がりました。毎度の事ながらお手伝い頂き本当にありがたい限りです。自分ひとりでやっていたら終わらないどころか、組みあがるかどうかさえ怪しいですから・・・


今までは借り物のヤマモト製マフラーを装着していたがそれを返却してノーマルマフラーに変更。
これにより羊の皮を被った山羊度が更にUP!

併せてキャブのセッティングも変更。


ちょっと走ってみたところ、この新エンジン、スパーダよりもノーマルVTZみたいな雰囲気になっていました。
昔VTZにもスパーダにも乗ってたことがあるけど、VTZのエンジンはとても速かった記憶があります(といってもあくまで250クラスとしてはだが)。

ややかったるいながらも意外と高回転まで回ってスルスルとスピードがのっていくという感じ。メーター読みで180キロ巡航が割と楽にできていた(勿論公道ではありませんよ☆)。スパーダでは150キロ巡航が限界だったはず。

もちろん個体差もあるとは思いますが、それでもあのエンジンは別格だったように思います。


ちょっと慣らした後に、新エンジンのポテンシャルを試してみます。

「ヤフオク2000円水温計」は付属の水温センサーのサイズが合わず、純正のセンサーを流用したせいか水温の表示がおかしい。暖気してみたら軽く80℃を越えて、雨の夜にちょっと走っただけでた100℃越えてしまった(ちなみに新品の水温センサーは曲がってました。まぁ曲がってても温度は計れるんだろうけど)。


もういい歳なんだからそんな安物付けず、もっとまともな製品を買って付けれ!

ということですね。
関連記事
スポンサーサイト



骨が… 



逝ってしまわれてる(ToT)
関連記事



建築確認がおりた! 


1年以上かかってようやく建築確認がおりた! 万歳!
当初の予定だと、建築確認どころか既に完成してるはずだったんだけどw

まぁしょうがないか。


さてと、まずは仮設電気を引き込まねば。
関連記事



trackback: 0  /  comment: 0  / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。