Barcaroad

バイク・ピアノ・ドームハウス・子育て ぼちぼちやってます(´▽`)

03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

柔らかく深く響く至高の音色。ピアニスト「ハンク・ジョーンズ」 


「いつまでも あると思うな 親と金 と好きなアーティストのライブ」

とはよく言ったもの。

私がジャズに興味を持ち始め、しばらくして大好きになったピアニストは、残念ながらほんの2年前にこの世を去っていた。


ハンク・ジョーンズ


YOUTUBEで観た瞬間から惹きこまれた。

その柔らかな佇まい。

ピアノを弾くということがこんなにも自然な形で表されるものなんだと。

そこから紡がれる音は佇まいそのままに柔らかく、そして深く優しい。

晩年の演奏は悟りの境地を思わせる。


しかしピアノとはつくづく不思議な楽器だと思う。

エレキギターのようにチョーキングやビブラートで出音を感情のままにコントロールできるわけではない。

ハンマーが弦を叩いたらそれきり。

なのに演奏者次第で全く違う音、音楽になる。





この空間をリアルで体験することは、もはや叶わぬ夢。


「いつまでも あると思うな 親と金 と好きなアーティストのライブ」

あなたも後悔する前に・・・

スポンサーサイト



タグ: ピアノ  ジャズ  ハンク・ジョーンズ 

ピアノ仲間の飲み会 


本日はピアノを愛する仲間達との飲み会。

近年稀に見る、実に飲み会らしい飲み会でした。いや~楽しかった!

ピアノの先生(美人)を中心に、色んな意味でダンディなお医者様、トライアルライダーな社労士様、某大手新聞記者様等々、濃い目のメンバーで盛り上がりました。(ん?もう一人飄々とした単なる酒好きの若手がいたような気が・・・まぁいいか笑)



みんなでピアノについて熱く語・・・ったのは2割位?下ネタからバイク話まで色んな話が飛び交ってました。

途中から「上善水如」が場に投入され始め勢いは加速。しまむさん曰く、「上善が出てきた飲み会で荒れなかったことはない・・・」とのこと(笑)

しかし、そこは大人の集まり。結構酔いつつも破綻をきたすことなく、いい感じに盛り上がりながらお開きとなりました。



問題はその後。



店を出てしまむさんの運転(勿論酒は飲んでない)で仲間を送っていく途中、若手が車内でゲロりやがりました

店にいた時は気づきませんでしたが、結構飲んでたっぽい・・・

ちょうどお医者様のお宅へ向かっているところだったため、そちらの駐車場で降ろして介抱してもらいました。超プロなのでさすがに安心感は抜群!



しばらくして朦朧としながら若手が「タクシーで帰るんで大丈夫です・・・」と言ったので、後はお医者様にお任せして容赦なく置いて帰りました。



というわけで、今回の上善の犠牲者は一人。

精進せいよ、若手君





タグ: ピアノ  飲み会 

ホテルのスカイラウンジ 


東京の某所(Red slope)にてピアノ発表会を鑑賞後、せっかくなので高級ホテルのスカイラウンジ的なところに行ってみました。



36Fにあるバーに到着。

Tシャツ、ポロシャツ、ハーフパンツなどの超軽装野郎3人なので入店お断りもありえるか?

と心配でしたが全然問題ありませんでした(当たり前か)。



しかし、さすがに野郎3人には窓際の席はもったいなかったとみえて、窓際空いてるのに壁側のしかも一番奥に案内されました。

要するに一番人目につきにくい場所って事ですね、わかります。




メニューを見ると予想通りのお値段の数々。

 ハイネケン 1000円

 フレッシュオレンジジュース 1000円

 エビアン 1000円



とりあえず自分は車だったのでオレンジジュースを。

他の二人はよくわからないお酒を注文。

002_20110818065503.jpg

このお店で飲み物の写真を撮ってる時点で場違いな人オーラ全開な自分。





004_20110818065503.jpg

記念にかっこつけた写真を撮ってみる。

そんなにかっこよくないかも。



一杯飲み干して早々に退散。

滞在時間約15分、注文数3杯。

チャージ代やらなにやらで、しめて1マンエンナリ。


色んな意味で大人な時間を過ごせました。



P.S

つまみで出てきたピーナッツが激ウマ!!

ピーナッツ本体は濃い茶色だったので軽く油で揚げてあるのか?

そして塩が多めに振ってあり、プラスしてブラックペッパーも。

このブラックペッパーの存在感が絶妙。

これは市販されているなら是非買いたい一品ですわ。



久しぶりに真面目にピアノレッスン 


建築作業に着手したばかりだけど、本日はピアノのレッスンがあったので作業はせず。

実は先日の作業で微妙に体が疲れてしまったという理由もあったりなかったり・・・

慢性的な運動不足なのでちょっとでも体動かすとすぐ疲れてしまうという情けなさ。モトクロスに勤しんでた去年の夏頃は体力も筋肉も(そこそこ)ついて結構イケてたんですけどね。




今日のピアノレッスンでは久しぶりに真面目にレッスンしました。

ここ数ヶ月、レッスン中話してばかりでまともに練習しておらず「英雄」の譜読みも全く進んでいなかったんですが、6月の発表会の参加が決まってしまったためケツに火がついてようやく練習に取り組むようになりました。




「英雄」の譜読みは中間部のオクターブ連続地獄に入ってますが、まぁ難しいこと難しいこと。

左手は同じパターンを延々繰り返すだけなのですが、これをピアニッシモで、速く、音量を揃えて、正確に弾かねばなりません。

左手だけで弾く分にはそれだけに集中できるのでまだいいんですが、右手のメロディと合わせ出すと途端に破綻してしまいます。とにかく左手が動きを完全にマスターするまでひたすら反復練習あるのみ。

反復反復ゥ!





こちらの演奏はカツァリスさん。笑顔と髪型がステキなお方。腕前も達人クラス。

オクターブ連続地獄は2:54から。左手のテトトトテトトト・・・の部分がインベーダーゲームのあの音とそっくり。

で、よりによってこの部分は2回同じところを繰り返します。

この動画ではその2ターン目に突入する時に笑顔から真剣な表情に変わるところ(3:28位)とか、無事突破した瞬間にすっきりした顔になるあたり(3:57位)にこの部分の壮絶さが漂ってます。弾きながら口元が引きつってるし。

いつか日かこの動画のように左手に残像ができるくらい速く弾けるようになりたいな~。いまのところこの演奏の10分の1くらいのスピードですけど。

しかしこのカツァリスさんの演奏は、見てよし聞いてよしで楽しめますね~。大好きです。


この動画のみどころは
 ・1:04の笑顔

 ・1:18の口角の上がった笑顔(誰かの表情に似てるんだよな~)

 ・1:47の上昇フレーズ(は、速すぎる・・・)

 ・6:22で最後カッコよく決めて笑顔が弾けると思いきや、なぜかしょぼ~んとしてしまうところ(笑)




夜更けのホテル 


hotel.jpg

クリスマスイブ、横浜にある某一流ホテルのロビー。

巨大なクリスマスツリーが我こそは主役と言わんばかりにそびえ立っております。

カップルやご夫婦がうきうきと行き交う中、我々(男二人)はほろ酔い気分でうろうろしておりました。

お目当てはロビーにあるピアノ。イブの夜だしひょっとしたら何か演奏会が開かれているかも、ということで見に行ってみました。


エレベーターの中で

『シャイン』の熊ん蜂みたいにやっちゃう?」

「いいですね~、でもこのシチュエーションは緊張しちゃいますよ~」

みたいな会話を弾ませておりました。



中2階には一台のグランドピアノがありました。残念ながら演奏会はやっていませんでした。


一流ホテルのロビー中央に鎮座するグランドピアノ、たいそうな逸品なのだろうかと近づいて見てみると、あれっ?なんか随分小じんまりしてるピアノだなぁ。

メーカー名は・・・書いてない。なんか自動演奏機みたいなのが付いてるし・・・  微妙・・・



「う~ん、まぁ・・・行くか・・・」

「・・・そうですね」



我々はその場を後にした・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。