Barcaroad

バイク・ピアノ・ドームハウス・子育て ぼちぼちやってます(´▽`)

07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

放射線を見る 


放射線が飛ぶ様子が見られます!

勝手な想像では放射線って、常に光のようなものが全周に放出されているのかと思ってました。

しかしこれを見て、「なるほど、だから放射なんだ~」と実感。

周囲でいつもこんなのが飛びまくってるのかと思うと不思議でしょうがないです。



そのうち「もやしもん」よろしく、放射性物質や放射線が見える主人公のマンガが出てきたりして(笑)




スポンサーサイト



計測の旅 


ガイガー届きました。

早速自宅周辺の値を調べまくりました。


地表近く、子供の頭くらいの高さ、大人の胸くらいの高さの3つのポイントで計測ましたが、地表の値が空間より高いです。

おそらく水素爆発後大量に飛散したヤツらが地表に居座り続けていると思われます。

4月の強風で全部吹き飛んでくれてるかも・・・などと淡い期待を抱いていましたが駄目だったみたいです。

自宅やドーム周辺の計測で一番値が高かったのはドームの横に開いている穴、通称「バリンガー隕石孔(最近のゆうだい君のマイブームより名付けられた)」。

風が吹いても中の砂は飛んでいかないため、周辺よりちょっと濃度が高いのかもしれません。

子供達のかっこうの遊び場でしたが、残念ながら立ち入り禁止区域となってしまいました。



ひとまず周辺の計測を終えましたが、計測していて気になったのが計測値の正確性です。

といっても所詮は素人計測なので厳密な値を取るわけでもないですが、何か目安になるものが欲しいなと。



ということで、夜ご飯を食べた後、現在公表されている放射線観測ポイントを巡ってきました。



目的としては

1、公表されているデータと比較することによりこのガイガーの値に大幅な狂いがないかを確認。

2、関東周辺で線量にどの位の差があるかを実際計測することによって肌で感じたい。

3、新しいアイテムをとにかく使ってみたい(笑)



夜10時くらいに家を出発。

目的地は神奈川県の数箇所と千葉県の柏市周辺。

神奈川は横浜の中心部ではなく相模湾エリアを中心に。

柏市周辺は「ホットスポット」という周辺より線量が高いエリアになっているとのことなのでホントかどうか確かめに。



一晩かかって2県を巡り色々計測した結果、大体公表されている数値と同じような傾向の値が出ており納得のいくデータが得られました。

とりあえずこのガイガーは信頼できそうです。

計測値の大体の傾向も掴めてきました。



あとはこれで住まい周辺のデータを中長期的に取って線量の推移を確認できればよしとしましょう。



ガイガー購入 


小さな子供がいるご家庭では、少なからず現在の放射能汚染度が気になっているかと思います。

我が家も例外ではなく、むしろ危機感は普通のご家庭よりもあるかもしれません。

なんせ原発が爆発した後、車で鹿児島まで避難したほどですから。



戻ってきてからも情報収集に励んでいましたが、仕事の取引先の方から教えてもらった情報が決定打となり我が家も本気でガイガーカウンターの購入を考え始めました。



ネットで色々調べると安いもので5万円位からありました。

出回ってるのは日本製、ドイツ製、ウクライナ製、アメリカ製、中国製?などがあり、表示がアナログかデジタルか、γ線だけ計れるのかγ線とβ線が一緒に計れるのか、などが機種選択時の材料になりました。



その中から我が家が選んだのがアメリカ製の「Inspector+」。

γ線、β線、α線が測定可能な事と、GM管が他のに比べて大きめな事が選択理由です。



この機種、平時の時は10万円位で売ってたみたいですが、大体品切れてます。入荷まで半年待ちの上、料金前払いとか言われたりもしました。

在庫がある場合も値段が高くなってるとこばかり。

半年待つか、高くても今買うか・・・







で、結局買っちゃいました。

届いたら計りまくりますよ!!





タグ: 放射線  ガイガーカウンター 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。