Barcaroad

バイク・ピアノ・ドームハウス・子育て ぼちぼちやってます(´▽`)

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

プロフィール

カテゴリ

全記事表示リンク

月別アーカイブ

スポンサーサイト 


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

Balcaroadへようこそ! 


こんにちは管理人です。

現在記事の更新が滞っておりますがわたしは元気です。


ドームハウスにピアノ搬入してもうすぐ一年が経とうとしています。

ピアノサークルのお仲間さんが集まったり、幼稚園のお友達を招いたり、子供会の催しを行う予定だったり、早くも今年のクリスマスコンサートのオファーがあったりと、段々イベント的なことが増えてきました。

『どうせなら色んな人達に使ってもらって一緒に楽しみたいね』

という思いもあって建てたドームですのでこうして訪れてくれる人が増えるのはとても嬉しいです。

頑張って建てた甲斐がありました。苦労は報われるものですね。

あとは書きかけのブログの更新がんばります。



関連記事
スポンサーサイト



タグ: ドームハウス 

ゴミ捨て&床掃き 


トラックをレンタルしてゴミ捨て。

産廃処理場へ持ち込み。

しめて2万円也。

関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  ゴミ捨て 

パイプ吸音の実験 


電子ピアノを持ち込んでパイプでの吸音実験を実施。

うーん効いてるような効いてないような・・・

でもないよりはあったほうがいいような・・・


結論 やらないよりはマシ
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  吸音 

内装 天窓周り 


天窓周辺を整えました。

天窓の部分だけは筋交い目隠し板無しでつるっとさせてアクセントにしてみる。

関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  内装 

内装 隙間埋め 


疲労が溜まってきてブログ書くの辛くなってきた・・・

写真を撮る余裕もあまりないので、今後は淡々と作業内容を記すだけになるかもです・・・



さて本日の作業。

石膏ボードとフレームの間にある隙間をコーキングで埋める。

小さい隙間はバックアップ材を押し込み、大きい隙間は合板を切ってはめ込む。

結構手間掛かりますな。
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  内装 

天井 石膏ボード張り 


1/8
天井の石膏ボード張り開始。

午後、日が暮れるまでの3時間で三角9枚分枚張ったど!

ちなみに使ってる石膏ボードのサイズは3×8。

三角の底辺を1枚でカバーするためこのサイズに。

おかげで端材が出まくってます。もったいない・・・




1/12

午後から作業開始。

8枚やっつける!

001_20130424044223.jpg



1/13
今日は朝8時開始で14枚張った!

だいぶ雰囲気出てきたぜ!

001_20130424044221.jpg
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  天井  石膏ボード 

内装 土台の取り付け 


さて断熱材の詰め込みが終わったので次のステップへ。

天井の内側の壁をどうするか。

今のところ、スタイロか石膏ボードが候補にあがっております。

試しにスタイロを張ってみたものの、塗装のノリとか色々考えてやっぱり石膏ボードでいく気配が高まってきました。


で、そうなると石膏ボードを打ちつける土台が重要になってきます。

スタイロでしたら軽いので土台の数はそんなに必要なさそうでしたが、石膏ボードは重いし脆いので土台を多めに設置してやる必要がありそうなんです。

試行錯誤の結果、短く切ったツーバイ材を筋交いの高さにツライチでセットし釘打ち機でバスバス打っていきました。

002_20130324051448.jpg

001_20130324051449.jpg

フレームにくっついてる小さい木材が土台です。



003_20130324051450.jpg

こんな感じで取り付け。

三角1つに対し約10分かかりました。

三角は全部で75枚なんでざっとみて750分 → 12~13時間。

まぁこれだけで2、3日はかかる計算です。




年内の天井完成は厳しいですな。



関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  内装  石膏ボード 

内装 石膏ボード張り 


内装第一案、石膏ボード張りの実験。

受けが筋交いだけだと不安なので別の台座を作ってそこにビス留め。

重いし台座を固定するのも面倒なので明日は第二案を実験予定。
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  内装  石膏ボード 

内装 天井にグラスウールを詰め込む 


グラスウールを詰め込むことに決めたため、この土日で一気に片付けるッ!

で、今日一日でかなり進んだ。

半分以上はできたかな?
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  内装  グラスウール 

内装試行錯誤 第5回 最終回 


スタイロを三角に埋め込む作業がかなりしんどくてへこたれ気味。

色々悩んだ末、結局立ち壁に使ったグラスウールを天井にも入れて、仕上げは石膏ボードを張って塗装を吹くことにしました。

グラスウールが吸音しまくって音が響かなくなるのが怖いです・・・


<<現在の内装仕様候補メモ>>

三角の内側 → スタイロをはめ込み グラスウール詰め込み

塗装下地 →壁紙 取りやめ

グラスウールを詰め込んだ上に壁をはる → 石膏ボードかスタイロ

塗装 → ジョリパットを吹き付け予定
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  内装 

内装試行錯誤 第4回 


またまた内装の仕上げで悩んでます。迷路に迷い込んでしまったようです。

先日の埋め込み作業でスタイロ同士に結構な段差や隙間が出てしまうことが判明しました。

これをなるべく目立たないようにしたい!

買ってきたクラフト紙を貼ってみましたが、素材が弱すぎて×。


次なる案は、

 ・クラフト紙より強そうな壁紙を貼る

 ・パテで修正

といったところ。



まずは壁紙を貼ってみることにしました。

この前スタイロにジョリパットを塗ったところ結構水色がスケスケで気になったので、壁紙なら水色がうまく隠蔽されて、なおかつ塗装のノリも良かったらラッキーといった具合です。

買ってきた壁紙は糊付きのもので、糊で湿ってるせいでカッターでスッと切れず意外と大変。うむむ。



003_20120407040905.jpg

貼ってみたところ、隙間は見えなくなるので結構キレイに見えます。

残念ながら段差を目立たなくするには至りませんでしたが。



002_20120407040904.jpg

とりあえず少し貼り進めて終了。




<<現在の内装仕様候補メモ>>

三角の内側 → スタイロをはめ込み。

塗装下地 → 壁紙

塗装 → ジョリパットを吹き付け

関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド    内装 

内装試行錯誤 第3回 


本日はスタイロフォームを三角に埋め込んでいきます。

001_20120407035448.jpg

この間カットしまくったスタイロ。厚さは40mm。



さぁてバシバシ貼っていくか~!!

と作業を始めたら、埋め込むのに思ったより苦戦する・・・

スタイロは発泡スチロールみたいなものなので多少しなったりはしますが、弾力性はほぼ無いです。

なのでちょっとでも三角の形に合わないとなかなか思うように埋め込まれてくれない。

ムカついて叩き込んだら割れました。あ~あ。



特に三角の下の段(底辺部分)は内側に向かって角度が付いているので、高さそのままの大きさで切ると入りません。

なので小さめに切ってはいたんですが、それでも場所によっては歪みなのか誤差なのか、うまく入らなかりません。

結局半日かけても三角二つ分しかできませんでした・・・


先が思いやられる・・・


001_20120407040903.jpg



関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  スタイロフォーム 

内装試行錯誤 第2回 


昨日塗ったスタイロを壁に埋め込んでみました。

001_20120407034252.jpg

なんとなくの仕上がりのイメージ。

結構ボルトが目立つなぁ。継ぎ目の処理も考えねば。



昨日の実験でスタイロの水色が結構透けることが分かったので、スタイロの上になんかしらの下地処理をかます事にしました。

ホームセンターに行って物色してたら茶色いクラフト紙を見つけました。

建築で下地としてよく用いられる石膏ボードの表面もこんな感じの紙なので、下地として使えそうな予感☆

関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  内装  スタイロフォーム  ジョリパット   

内装試行錯誤 第1回 


無事、立ち壁の防音&断熱施工を終えた我々は次なるミッションに移ります。



-天井の部分をどうするか-


これが難問です。

ドームハウスの天井は一番の見せ所です。

三角の組み合わせによって浮かび上がる五角形と六角形。

この圧倒的存在感を生かしつつ、音響、デザイン性、メンテナンス性、断熱性を兼ね備えた天井・・・

尊敬すべき先人達は、

1、三角のフレームの上にベニヤ板などを貼り、つるっとした感じに仕上げる。 → 参考画像

2、つるっとさせた上でフレームのラインに細い板を貼る。 → 参考画像

3、フレームの上にフローリングのような板を張り、くもの巣みたいな感じに。 → 参考画像

4、三角のフレームは残して内側に何かを貼ったり塗ったり。 → 参考画像

5、断熱材の発泡ウレタンを吹き付け後塗装。 → 参考画像 



色々あります。

一番簡単なのは5番でしょうか。

業者に頼んで吹き付けてもらって終了。でもコストがかかります。



3番は板張りなので反響し過ぎそうで怖い。

1番はつるっと仕上げるのが難しそうなので却下。きれいにできたらかっこいいんですが。

となると2番か4番。

どちらも三角のデザインを生かす方向です。



色々考えた結果、4番を採用!

選考理由は断熱材のスタイロフォームを三角に合わせてカットしてはめ込み、そこに直接漆喰などの建材を塗って仕上げれば割と簡単に出来そう、といったところです。



三角の筋交いやフレームはスタイロをはめ込む前に塗ることにしました。



ホームセンターで塗料を買ってきて実験。

ウォールナットを試し塗りしたらくすんだ灰色っぽくて、これはこれでありだけど塗りむらがすごくて却下。

パインも塗ったが、元の色と大して変らなかったのでこれも却下。うむむ・・・

とりあえず保留!



次に三角の内側の色。

白か黒かでまた悩む。

普通は白だがあえての黒はどうか・・・

ひょっとしたら黒の方がスペシャル感出るかも・・・

などなど協議しましたが、結局白でいくことに。


塗装には「ジョリパット」という外壁用の塗り壁材が良さげだったのでこれの白を買ってきました。

002_20120321210955.jpg

スタイロに試し塗り。スタイロが水色なので、薄く塗ると透けてしまいます。

透けない為にはかなり厚く塗る必要がありました。

んーこれも一旦保留かな?

なかなか仕様が決まらんですたい。
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  内装  スタイロフォーム  ジョリパット 

ドーム前にて 


001_20120321210912.jpg



006_20120321210912.jpg



007_20120321210913.jpg
首、絞まってるよ
関連記事



タグ: ドームハウス 

グラスウール埋め込み 


遮音シートが貼り終わったので、まずはピアノを持ち込んでの音出し実験です。


001_20120321210910.jpg

電子ピアノ最大音量にて試奏。

室内は反響がすごいのでぐわんぐわん鳴っています。

塞いでいない入り口と窓からは盛大に漏れまくり。



しかし、壁沿いに裏に回ってみると、

おおっ、結構聞こえないぞ! 壁から離れたら全然聞こえなくなった。

遮音シートいい仕事してるね~♪


ただ、入り口や窓などの開口部分は塞いだとしても防音的に弱い箇所なので、ここも仕上げてみないと最終的な音漏れ具合は評価できませんです。

とりあえず窓はペアガラス + 1枚の3重窓にする予定。

玄関の仕様はまだ未定です。



遮音テストの後はグラスウールの埋め込みにかかりました。

ほんとはグラスウールと壁の間に空気層があると低音も抑えられていいらしいのですが、スペースに余裕がないのでそのまま埋め込みます。



004_20120321210911.jpg

サクサク進み一気にできちゃいました。

とりあえずタッカーでとめてあるんですが、いずれ柱とグラスウールに対して気密テープを貼る予定です。



003_20120321210911.jpg

グラスウール埋め込み後、室内の音響が劇的に変わりました。

埋め込み前は歩く音ですらかなり大きな音になって反響していました。

話声なんかもかなり反響するので小さな声でしゃべっても十分聞こえます。



グラスウール埋め込み後はこういう反響がかなり抑えられました。

ピアノも埋め込み前に比べてかなりまともに聴けるようになり一安心。

グラスウールも仕事してるじゃん♪
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  グラスウール  遮音シート 

遮音シート貼り 第3回 


今日は朝9時から作業。

001_20120330012429.jpg

遮音シート残り半分をサクサク貼って終了。

アスファルトシングル貼りに比べたらなんと気が楽なことだろう。

デッドニング的なカスタムしてる感もあって楽しいし。



004_20120330012430.jpg


夜は返品するグラスウールを佐川急便がドナドナしにきてくれました。

関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  グラスウール  遮音シート 

遮音シート貼り 第2回 


サンプルとしてネット通販で買った遮音シートは一巻きが6000円だったんですが、ジョイフルに3000円のものが売っていたので購入!

一巻きあたりの重量は約1kg違うので多少性能は落ちるっぽいけど、半額の魅力にはかないまへん。

本日の作業で立ち壁4枚分貼り終えました。





さて先日届いたグラスウールですが、ちくちくするし吸音効果もいまいち・・・

ということで今回は不採用とし潔く返品することにしました。


ジョイフルに新たなグラスウールを探しに行くとよさげなブツがありました。

袋に入っていて触ってもちくちくせず、なおかつ吸音効果も高いと三拍子揃っていたので採用!

「Johns Manville」というメーカーの品で、聞いたことないので輸入品っぽい。

帰って調べてみたら、かつて世界最大のアスベスト生産メーカーだったと!

しかもヤバイと知りつつシカトぶっこいてアスベストの生産を続け健康被害を出しまくり、訴訟を起こされ倒産したと!

やべーブツ掴んじゃったかもと一瞬思いましたが、現在はウォーレンバフェットさんの傘下に入っているようなので少し安心しました。


002_20120321210738.jpg



関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  遮音シート  グラスウール 

グラスウール届いた 


遮音シートを貼り終えたら次は断熱材を仕込みます。

代表的な断熱材と言えば「グラスウール」。

グラスウールには吸音効果もありますが、特性として中高音の吸収率は良いが低音はあまり吸わないとのこと。

低音を吸わせるためには壁とグラスウールの間に空気層を設けてやる必要があり、残念ながらドームの立ち壁には奥行きの余裕が無いのでそのまま壁に直接設置することになります。

で、そのグラスウールをネットで発注しました。


001_20120321210735.jpg

思いっきり圧縮された状態でロールになってます。

試しに1つ開封したらぶわっと膨らんできました。

で、うっかり素手で触ってしまったんですが、ガラス繊維的なものは皮膚に付くともんのすごいチクチクするので必ずゴム手袋とかしましょう(泣)

飛散したグラスウールがキラキラ輝いてたりもしたので、マスクも装着したほうがいいのかも。

というかイメージではグラスウール自体はビニールの袋に包まれていて、それをそのまま壁に貼るものだと思っていたんですが、届いたのは中身だけみたいでちょっとイメージと違う・・・

取り扱いもめんどくさそうだしなんかヤダなこいつ・・・
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  グラスウール 

スタイロフォーム搬入&遮音シート貼り 


さぁいよいよ内装に突入です。

三角のところにスタイロフォーム40mmを入れて断熱する予定です。

で、とりあえず発注してた100枚を引き取ってきました。

001_20120317013229.jpg

かさばるのでやぐらの下に収納。



続きまして立ち壁の作業の作業に入りますがその前に。



そもそもドームハウスは畑の真ん中に建っていて一番近い住宅でも20mほど離れています。

なので集合住宅や住宅密集地よりは防音に対して恵まれた条件にあります。


しか~し!

我々は主に夜行性なため、真夜中でもガンガンにグランドピアノを弾きたいわけです。

そうなると外部に漏れる音にも当然気を配る必要が出てきます。


という訳で防音です。

防音には主に

「遮音」

「吸音」

「防振」

という3種類があり、役割が違うこれら組み合わせて最適な防音環境を構築するみたいです。

ドームの防音もこれに則って行います。



で、まずは「遮音」から。

これはl高密度/高質量の樹脂や鉛のシートを貼ることによって音を反射させ外に逃げないようにする役割を果たします。

基本的に遮音シートは内側から見て一番外側に施工するので、立ち壁の内側に貼っていきます。


002_20120317013230.jpg

遮音シートを立ち壁の幅に合わせて切断。



004_20120317013230.jpg

木工用ボンドを塗り塗り。

久しぶりに扱ったけど、なんか懐かしい匂いがしました。



008_20120317013246.jpg

とりあえず遮音シート1巻き分貼り終わった図。

今日はここまで。
関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  スタイロフォーム  遮音シート   

大清掃!!劇的ビフォーアフター 


只今、ドームの中及び周辺にはゴミが散乱しております。

作業中に出るゴミをその都度処分してたら大変なので、とりあえず散らかすだけ散らかして後で一気に掃討するという作戦です。




【BEFORE】
005_20111019030214.jpg




【AFTER】
005_20111020054207.jpg



なんということでしょう。匠の手によって汚かったお庭が大変身(棒読み)

関連記事



タグ: ドームハウス  ゴミ掃除  ビフォーアフター 

余ったルーフィングの行方 


何をどう間違えたのか、屋根下地のルーフィング材が大量(20セット位・・・)に余ってしまい処分に困っていました。

ぺローンってなってたあいつらです。

重いし場所取るし他に使い道ないし・・・

ヤフオクにでも出すか、返品の依頼を出してみるか・・・ずっと悩んでたところで、以前ドームハウスの話を聞きに伺った「建材市場」さんが建材の買取を行ってるとの事で行ってきました。

002_20111015050747.jpg



このクソ重いこいつらを運ぶのも今日が最後だと思うと、嬉しくて仕方ありません。

さらば、目の上のたんこぶ達!新しい現場でもしっかりくっつけよ!!



関連記事



タグ: ドームハウス  セルフビルド  ルーフィング 

アスファルトシングル貼り 第26回 


004_20110905042438.jpg

長かったアスファルトシングル貼りも、残り5枚のところまできました!

無限に続くかと思われたこの地味な作業ももうすぐ終わり。



しかし、この最後の5枚は強敵です。

ここまでくると屋根の傾斜がかなりゆるくなっていて、雨が流れにくいため雨漏りしやすいのです。

特に五角形の下辺の頂点部分には様々な方向からからアスファルトシングルが集まってくるため、そのまま考えなしに重ねてしまうと分厚くなって収まりがかなり悪くなってしまいます。

当初は頂点の五枚は一日二日で出来るだろうと思ってましたが、そこら辺を計算しながらの作業なので思ったより時間がかかりそう。



とりあえず雨漏りはとても恐怖が恐ろしいので、ここから先はセメントとコーキングをより厳重にかまして「百年経っても大丈夫☆」な仕上がりを目指すとします。


007_20110905042438.jpg

関連記事



タグ: セルフビルド  ドームハウス  アスファルトシングル 

アスファルトシングル貼り 第25回 


本日も夜間作業。

夜12時から朝4時までアスファルトシングル貼り。

003_20110819045734.jpg

下から見える部分はほぼ貼れました。

写真暗くてすみませんが、想像力を働かせてご覧下さいませ。
関連記事



タグ: セルフビルド  ドームハウス  アスファルトシングル 

アスファルトシングル貼り 第24回 


シングル貼り in 夜間作業。

夜9時から朝4時までかけて4枚終了。

ロープにぶら下がりながらしゃがんで作業しているので、常に足首が最大傾斜角まで曲がっていてかなり負担がかかってます。足の裏も踏ん張る為にかなりグリップしてるので皮が剥けそう・・・

建築作業ってのは、色々消耗しますね~。


001_20110817063319.jpg
関連記事



タグ: セルフビルド  ドームハウス  アスファルトシングル 

天窓 第6回 


満月の下、ラスト三枚目の天窓取り付け終了!

一晩中作業していると、月が昇って、沈んでいく動きがはっきりわかります。

きっと昔の人もこんな感じで満月を眺めながら、歌を詠んだり愛を語ったりしたんだろうな~とちょっぴりロマンチックな気分に浸りました





まぁ残念ながら、野郎二人でなんですけどね(笑)
関連記事



タグ: セルフビルド  ドームハウス  天窓 

天窓 第5回 


iPhoneに入れた音楽を今宵の作業のお供としました。


スプリングスティーン、ELT、さだまさし、ジュディマリ、マイケルジャクソン、横浜銀蝿、山下達郎、RCサクセション・・・


全てしまむさんの好みです。

なんという雑食(笑)



001_20110817064545.jpg


本日の成果。

天窓二つ目と左右の三角貼りでした。

関連記事



タグ: セルフビルド  ドームハウス  天窓 

天窓 第4回 


夏らしく猛暑が続いており屋外作業には厳しい季節です。

Tシャツで作業していたら見事に腕だけ黒くなりました。

しかも軍手していたので手首から先は白いまま。

見事にかっこわるい(笑)



さて、作業の方は天窓と屋根の隙間に注入したシーリング材が乾いたので次の工程に進みます。



009_20110817063244.jpg

天窓の立ち上がり部分を覆うようにルーフィングを貼っていきます。まずは下側から。





011_20110818054445.jpg

左右を貼って最後に上側を貼って終了!





そして、昼間のあまりの暑さに耐えきれなくなったため、夜間作業へのシフトを検討することにしました。

早速頭につけるライトと投光器を用意してテスト。



おっ、結構いける!

涼しくて快適快適。



しかも夜空には満月。

月明かりの下で作業してるとちょっとワクワクするというか。

なんだろうこの気持ち。うまく表現できないけどなんかスペシャルな感じ。



あぁぁ、自分に詩心があれば気の利いた言葉が出てくるんだろうに・・・





というわけでテストの結果、夜間作業は大いにアリ!!

この雰囲気、ちょっと病みつきになりそうな予感☆

001_20110817063245.jpg



関連記事



タグ: セルフビルド  ドームハウス  天窓 

天窓 第3回 


天窓が届きました。

いよいよ取り付け作業に入ります。



002_20110811051940.jpg

べルックスにするかトステムにするか悩みましたが、なるべく小さめのものがよかったので結局トステムに。

天窓は全部で3つ。一つを電動開閉式に、二つをFIX(開かないタイプ)にしました。

ドームの天窓は雨漏りの原因になりがちということで取り付けは業者に頼もうか迷いましたが、話を聞いてみるとそんなに難しくなさそうなので自分達でチャレンジです。何事も経験経験。



003_20110811051940.jpg

一旦塞いだ枠部分を再度切開。開けた瞬間またもや凄い勢いで熱気が外に逃げていきました。



006_20110811051950.jpg

パコッと装着。

実際は結構重いし落としたら大惨事なのでビクビクしながらはめ込みました。



007_20110811051951.jpg

枠と本体の隙間にはシーリングをせよとの事。

理由は気密性を高める為だそうです。

水の進入についての言及はなかったので、この後やる水切り処理で止めきる自信があるという事でよろしいんですよねトステムさん。←ちょっと心配

関連記事



タグ: セルフビルド  ドームハウス  天窓 

アスファルトシングル貼り 第23回 


朝まで仕事して昼まで寝て起きて作業。

アスファルトシングルが残り1セットになってしまった!

追加発注中~
関連記事



タグ: セルフビルド  ドームハウス  アスファルトシングル 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。